スモーク

チーズにワインと言われる理由

ワインというのは古くからあるもので最初は海外で潰れたぶどうが発酵したものから作られて以来現在のように飲まれるようになりました。
しかしはじめのワインというのは酸っぱくてはちみつや砂糖を入れないと飲みにくくてしょうがないという話も聞きます。
これは昔から人々に飲まれていたようでおつまみにはヤギの乳から作った味のないチーズが合うようでよく食べられてたようです。

このワインとチーズの関係性というのはどの国でもあるのですが日本でもワインが気に入られるようになってからはこの組み合わせをよく好んで食べられるようになりました。
またチーズが日本で盛んに使われるようになった頃から日本人向けの味のタイプも多く生産されることになったのでワインとも美味しく食べてたのでしょう。

そしてワインというのはアルコール度が高いお酒ですので胃の粘膜を荒らしてしまうこともありますのでチーズで粘膜を保護してあげるようにすると安心してお酒が楽しめます。
こういった悪酔いをしないためのというところからもおつまみとして人気があるということにつながったようです。
このように現在でもおいしいチーズとワインの組み合わせは絶品の組み合わせですからうまく楽しむようにしたいものですね。