スモーク

匂いがきついチーズの詳細

日本で生産されているもの日本人の口に向けて作られているのでほとんどにおいを気にせず食べることができるのですが外国産はいろいろクセのあるものが多いようです。
人によっては受け付けないブルーチーズなのですがこれは青カビチーズとも呼ばれていてこの中にカビが入ったまま食べるという特殊なものです。
有名なところで言えば青カビ入りのブルーチーズです。

そしてブルーチーズというのは日本には無い独特の味ですのでその匂いも好き嫌いがあるのは事実ですね。
これにはカビ独特の匂いとチーズのにおいとが合わさってとても癖のあるものとして知られていますが感覚で言ったらくさやと似ているところがありますね。
きつい匂いというのはやはりどこか不快感を感じるもので反対においしそうな匂いというのは割と強めでもいいような気がします。

ですからチーズを食べるときはこの匂いというのも楽しみにつながりますが匂いと味を楽しめるその地図の良いところでもあるのです。
このように匂いに違いがあるのかといいますとそれは作る工程での発酵時間にあるようでこれは世界各国異なりますのでこのように匂いの違いがあるのです。
ですからおいしいチーズを食べる時はまず匂いを楽しみながら召し上がってみてはいかがでしょうか。